スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

相対論的力学

電磁気学も飽きてきたので、相対論的力学に入ろうと思います。

だいぶ前に、全体の流れを理解できた気になってたのですが、
その時に、ちゃんと紙にまとめておくのを忘れてました・・・

また一から出直しです・・・涙
まあ、思い出す機会をいただけたということで・・・^^;

電磁気学の方は、マックスウェル方程式がもともとローレンツ共変性を満たしているので、
単純に数学的に書き換えていくだけで、
相対論形式にまとめ上げることができました。

しかし、力学の方は、もともとニュートン力学が相対論的には成り立たないので、
(ニュートン力学では、どんどん加速していけば、光速を超えてしまう)
どこかで必ず、修正を施さないといけません。

その修正ポイントをどのように自然に導入するかってところが難しいですね・・・

いろいろな本を読みましたが、どうもこれだ!と思えるものには
出会っていません。

まあ、原理なのだから、実験結果をうまく説明できさえすれば、
天下りでもいいわけなんですけどね。

内山先生の本[1]では、電磁気学におけるローレンツ力の表式から類推して、
すべての力にその原則を適用するという形で導入しています。
これが一番よさそうですね!

残念ながら、ちゃんと理解できていないのですが、
この際、ちゃんとフォローできるといいなと思っています。

相対論的力学全体のイメージを理解するには、
いろもの物理学者の前野先生のサイト[2]の説明が抜群に分かりやすかったです!
非常におすすめです!

このブログでも、このサイトを大いに参考にさせていただきながら
勉強を進めていきたいと思っています。


参考文献
[1] 内山龍雄「相対性理論」(岩波物理テキストシリーズ)
[2] 前野昌弘 相対論2010年度講義録
  http://www.phys.u-ryukyu.ac.jp/~maeno/rel2010/tokushu.pdf
スポンサーサイト
ジャンル:[学問・文化・芸術]  テーマ:[自然科学
物理>特殊相対論 | コメント(0) | 2014/01/23 12:55
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。