FC2ブログ

ナンセンスな設問?

朝日新聞のサイトにこんなニュースが載ってました。

------------------------------------------------------------------------------------

地球の公転、米国の4人に1人知らず 研究者「残念…」

全米科学財団が2012年に約2200人を対象に実施した科学技術に対する意識調査の一環で、
九つの科学知識について尋ねた。「地球の中心部は非常に高温(正)」などでは正答率が8割を超えたが、
「地球が太陽の周りを回っているか、太陽が地球の周りを回っているか」では74%。
さらに「現在の人類は原始的動物種から進化した(正)」では正答率が48%にとどまり、
進化論に対する根強い不信がうかがえる。

 日本で11年に実施された同様の調査では、進化論に対する正答率は76%。だが、
「男か女になるかを決めるのは父親の遺伝子(正)」や「電子は原子より小さい(正)」では
米国人の正答率が20ポイント以上も高く、必ずしも「日本人の方が科学知識に富んでいる」
とは言えないようだ。(ワシントン=行方史郎)

----------------------------- 引用終わり ------------------------------------------------------

しかし・・・

「地球が太陽の周りを回っているか、太陽が地球の周りを回っているか」

って意味あるんでしょうか?

アインシュタインの相対性原理によれば、絶対静止系は存在しないのだから、

「どちらかが静止していて、どちらかが動いている」

という考え方がそもそもナンセンスじゃないのかな。

単に、地球から見たら太陽が回ってるし、太陽から見たら地球が回ってるだけの話じゃないのだろうか?

こんな設問をされたら、「どちらも正しい」か「どちらも正しくない」と答えるしかないような・・・


そして・・・

「電子は原子より小さい(正)」

については、さらに謎!

電子の大きさって、波動関数の広がりでしか定義できないですよね。

「原子=原子核+電子」で、
中心に凝縮された原子核の周りに電子の波動関数が広がってるわけですから、

原子の大きさは、電子の大きさで決まると言っていいはず。

ということなら、

「電子も原子も大きさは同じ」

というのが正しいのではないでしょうか?


不勉強ゆえ、まだ思慮が足りない部分がある可能性はありますが、
どこか考え違いがありましたら、教えていただければありがたいです。
スポンサーサイト



ジャンル:[学問・文化・芸術]  テーマ:[自然科学
物理>雑感 | コメント(2) | 2014/02/18 00:38
コメント
NoTitle
dyneさん こんばんは。
素晴らしいお話です。
まさにおっしゃる通りですね。

そして、それとは直接関係はないんですが、
銀河系自体が回転しているので、そこに視点を移せば、太陽系全体も回っていることになり、太陽と地球のどちらが動いているかはとてもナンセンスに感じますね。
NoTitle
こんばんは。

>銀河系自体が回転しているので、そこに視点を移せば、太陽系全体も回っていることになり、太陽と地球のどちらが動いているかはとてもナンセンスに感じますね。

そうですよね。
そして、銀河系もまた運動ているかもしれないし、
絶対静止系などというものを考えてしまうと、
地球はとんでもなく複雑な運動をしていることになっちゃいますよね。

初めて、アインシュタインの相対性原理の考え方を知った時、
すごく感動した覚えがあります。

管理者のみに表示