スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

∫ 物理の進捗状況

最近の物理のお勉強の進捗状況なのですが・・・
あんまり、進んでません!(笑)
ただ、細々とは、続けてますよ。。。

量子力学は、サクライを読み進めております。
記事では、まだ初めの概念の基礎みたいなところを書いてますが、
実際はもう少し読み進めています。

初めの方は、紙と鉛筆できっちり計算しながら読んでましたが、
あまりにも面白いので、先が気になって、さらっと流し読みしています。
およそ、3分の1(全450頁の150頁ぐらい)が読めたところかな。
(また、いずれきちんと紙と鉛筆で計算して、しっかり理解します)

第1章では、ブラケットで数学的に定式化して、
並進演算子から運動量の演算子を導きだして、
運動量と位置の不確定性を自然な形で導き出すところ、目からうろこでしたね!

第2章では、状態の時間発展を考えて、シュレディンガー方程式を
天下りでなく、自然な形で導出するところが圧巻!

シュレディンガー描像とハイゼンベルク描像については、
今まで何度も説明を読んできましたが、
今回初めて、意味するところが理解できました。
さすが、サクライ先生は、説明が天才的にうまいですね!

WKB近似のところは、あまりよくわかりませんでしたが、
きっと、古典力学の素養が足りないからでしょう。。。
世界の標準的教科書であるゴールドスタインの「古典力学」を
ついに購入したので、これで古典力学の知識を充実させたいところ。
でも、すごく分厚い本なので、なんとかつまみ食いで要点を理解したいのですが・・・汗

Classical Mechanics
Classical MechanicsHerbert Goldstein Charles P. Poole John L. Safko

Pearson 2001-06-01
売り上げランキング : 31435


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
(注:原書を買いましたが、日本語版も出版されています)

さらに、ファインマンの経路積分の考え方に進みます。
概略は知っていましたが、おもしろいですね。
ランダウ-リフシッツの教科書では、逆に、経路積分の考え方から、
波動光学と幾何光学の関係とのアナロジーで、シュレディンガー方程式を導いていて、
これを読んだ時も、かなり目から鱗だったのですが、
双方向の説明を見ることで、より理解できそうです。

ゲージのところは、以前からずっと理解したいと思っていたところで
AB効果とか、非常に興味深いのですが、
第3章の角運動量がさらに興味深いため、とりあえずは飛ばして、
角運動量に進みました。

角運動量は、以前にも記事に書きましたが、
いろいろな教科書で何度も挑戦しては、煙に巻かれて、挫折しているので、
今度こそ、サクライ先生の明快な説明に期待したいと思っています!


相対論の方は、全く進んでいません。
マックスウェル方程式を相対論的な4元形式に書き換えるところまで読んで、
すばらしいなあ・・・と感心したところまで。

この後、力学をやって、一般相対論へという流れですね。
どうも、テンソルの理解がまだ曖昧で、共変と反変の関係の理解が不十分です。

一度、数学の本で、テンソルの基礎をきっちりと学ぶ必要がありそうです。
でないと、一般相対論へ進むのは、無謀としか言いようがないでしょうしね。。。
一応、Doverから出ている分かりやすそうなテンソルの教科書をゲットしているので、
いつか余裕ができたら、読んでみようと思います。


実はそれ以外に、仕事の関係で、光物性を勉強中です。
本来は、物性は量子力学の応用になるので、
量子力学の基礎がないと、ちゃんとは理解できないのですが、
実際、そうも言ってはおられません(汗)

仕事関連なので、研究費で、何冊か教科書を買いましたが、
そのうち全般的に分かりやすくて読みやすそうなこの教科書で勉強中!

光物性物理学 新装版
光物性物理学 新装版櫛田孝司

朝倉書店 2010-10
売り上げランキング : 608687


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


そうすると、電磁気学で分かってない部分が露呈してきたり・・・と、
いろいろ大変なのですが、ブログネタにも使わせてもらおうと思っています(笑)


それから、場の量子論の教科書を2冊、購入しました!
素粒子物理を学んだことのある知り合いから教えていただいたお勧めの2冊。

An Introduction To Quantum Field Theory (Frontiers in Physics)
An Introduction To Quantum Field Theory (Frontiers in Physics)Michael E. Peskin Daniel V. Schroeder

Westview Press 1995-08
売り上げランキング : 8424


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Advanced Quantum Mechanics
Advanced Quantum MechanicsJ. J. Sakurai

Addison Wesley 1967-01-01
売り上げランキング : 47134


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
(注:原書を買いましたが、日本語版も出版されています)

これらの教科書が読めるようになるのは、いつの日になることやら、分かりませんが、
とりあえず、読めるようになる日を楽しみに、地道に頑張ります!
スポンサーサイト
物理>雑感 | コメント(2) | 2012/06/22 00:30
コメント
dyneさんはすばらしい
 dyneさん おはようございます。
 原書を買われて読まれるなんて、dyneさんはすごいですv-424
数式が出れば、私も少しはついていけるかもv-355
 しかし、dyneさんは、物理のかなりの量を理解されているのですねv-432
素敵ですv-345
 ではまた☆
かほりさんへ
はじめまして。
コメントいただき、ありがとうございます^^
コウさんの後輩の方でいらっしゃるんですね!
コウさんにも、ピアノ記事のほか、
物理記事にもよくコメントいただいてます。
>原書を買われて読まれるなんて、dyneさんはすごいです
日本語版になると、版が古かったり、上下巻に分かれて
値段が高くなったりするので、原書を買うことが多いです^^;

>数式が出れば、私も少しはついていけるかも
かほりさんも、数学や物理の方、勉強されているのですか?
また、ブログの方も拝見させていただきますね。
よろしくお願いします^^

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。