スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

球面調和関数 (6)

前回の微分方程式の証明はやや煩雑でしたので、
もっとシンプルに直接、球面調和関数の定義を代入して成り立つことを確認しておきます。
微分方程式があらかじめ分かっている場合はこちらの方が分かりやすいですね。

微分方程式

球面調和関数は以下の微分方程式の解である。\[
\left[\frac{1}{\sin\theta} \frac{\partial}{\partial \theta} \left( \sin\theta \frac{\partial}{\partial \theta} \right)
+ \frac{1}{\sin^2\theta} \frac{\partial^2}{\partial \phi^2} + l(l+1)
\right] Y_{lm}(\theta,\phi) = 0
\tag{1}
\]

(証明)
球面調和関数の定義から\[
Y_{lm} = P_l^m(\cos\theta) e^{im\phi}
\tag{2}
\]この微分方程式は線形なので、係数は意味がないため、省略した。
以下、添字も l m しか登場しないので、省略する。
微分方程式 (1) の左辺に代入すると、\[
e^{im\phi} \left[\frac{1}{\sin\theta} \frac{d}{d\theta} \left( \sin\theta \frac{d}{d\theta} \right)
- \frac{m^2}{\sin^2\theta} + l(l+1)
\right] P(\cos\theta)
\tag{3}
\]となる。θに関する微分は、\[
\frac{dP}{d\theta} = -\sin\theta P'(\cos\theta)
\]となるから、\[
\frac{1}{\sin\theta} \frac{d}{d\theta} \left( \sin\theta \frac{dP}{d\theta} \right)
= \sin^2\theta P'' - 2\cos\theta P'
\]となり、(3) は、\[
e^{im\phi} \left[\sin^2\theta P'' - 2\cos\theta P'
- \frac{m^2}{\sin^2\theta}P + l(l+1)P
\right]
\]と計算できる。

ここで、ルジャンドルの陪関数は微分方程式\[
\left[ (1-x^2) \frac{d^2}{dx^2} - 2x \frac{d}{dx} + l(l+1) - \frac{m^2}{1-x^2} \right] P_l^m(x) = 0
\tag{4}
\]を満たすから、これに $x=\cos\theta$ を代入すると、\[
\left[ \sin^2\theta P'' - 2\cos\theta P' + l(l+1)P - \frac{m^2}{\sin^2\theta}P \right] = 0
\tag{5}
\]となる。
これより、(3) はゼロとなることが分かり、微分方程式 (1) は成立する。
(証明終了)
スポンサーサイト
ジャンル:[学問・文化・芸術]  テーマ:[数学
球面調和関数 | コメント(0) | 2016/05/11 22:25
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。