スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

∫ 量子力学の教科書①

完全に物理ブログと化してますね。

量子力学の教科書としては、
定番のシッフの「量子力学」(上下巻)を使っています。
ウン十年前に、学部時代の授業で教科書指定されていて、購入したもの。

量子力学 (上) (物理学叢書 (2))
量子力学 (上) (物理学叢書 (2))シッフ 井上 健

吉岡書店 1970-05
売り上げランキング : 172411


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


実は、量子力学の教科書の収集が趣味でして
(・・・というのは半分嘘で半分ほんとですが)
いろんな教科書を本棚にきれいに保管しております(笑)

量子論に限らず、物理の教科書というものは、
大きく2種類に分けられる気がします。

一つは、どういう実験事実の矛盾が生じて、
どのような新しい理論が構築されていったかというように、
歴史的な順序をたどりながら、理解していく、
いわば、帰納的な論理展開のもの。

もう一つは、初めから最も本質的と思われる原理から説明して、
完全に統一された最も効率的な論理展開をしていく、
いわば、演繹的な論理展開のもの。

後者は、美しくて、最終的には理解が深まるのですが、
いきなり山をまっすぐ最短ルートで登るようなものなので、
勾配がきつすぎて、往々にして挫折します(笑)
一方、前者は、歴史をたどるので、まわりくどさはありますが、
僕のような凡人にも理解しやすいですね。

で、シッフはというと、
どちらかといえば帰納書に近くて、理解しやすいですが、
決して、内容が浅いというわけではなく、重厚で骨太な気がします。
(あくまでも読破したわけではないので、雰囲気ですが・・・)
これを読んだ後に、演繹書を読むと、さらに理解が深まるのかなと。
いつになるか分かりませんが。。。

問題の丁寧な解答解説集が別冊で発売されているのも、
非常にありがたいですね。
(シッフ本人ではなく、日本の物理学者が書いたもの)

普通、大学の教科書は、問題の解答がないのがデフォルトで、
あっても、巻末に数ページあるだけですし、
中には、証明が「明らか」という一言で終わっているということもよくある話です(笑)

量子力学演習―シッフの問題解説 (物理学叢書 (別巻))
量子力学演習―シッフの問題解説 (物理学叢書 (別巻))三枝 寿勝 瀬藤 憲昭

吉岡書店 1971-07
売り上げランキング : 330964


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ただ、問題の式とか途中の式とか、本教科書の方の数式番号しか書いてなかったりするので、
間違って、この本だけを演習書として買ってしまった人はショックでしょうね。

長くなったので、他に所有している教科書については、
続編でご紹介したいと思います。
スポンサーサイト
物理>量子力学 | コメント(0) | 2011/03/26 11:41
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。